千島土地及び関連会社は、大阪市大正区・住之江区を中心に約33万坪の土地を所有し、賃貸を行っています。 また1960年代後半からビルやマンションへ積極的に投資するようになり、大阪市内・神戸市内・西宮市内・福岡市内に約60棟の建物を所有し、建物の賃貸事業も行っています。

  • 土地賃貸事業
  • 建物賃貸事業

土地賃貸事業

商業施設

大正複合施設

スーパー銭湯

レジャー施設

自動車用品店舗

飲食店舗

北加賀屋複合施設

コンビニエンスストア

物流倉庫・工場

大型物流倉庫

大型物流倉庫

食品流通センター

化学品工場

食品流通センター

医療福祉施設

特別養護老人ホーム

介護老人保健施設

地域密着型特定施設

建物賃貸事業

事務所・店舗ビル

北加賀屋千島ビル

芝川ビル

新芝川ビル

アプリ甲東

アプリーニョ

甲東アレイ

ミユキビル

八重洲第3長岡ビル

新京橋第1長岡ビル

商業施設

千島ガーデンモール

豊中複合施設

マンション

パレ北加賀屋

パティオ北加賀屋

パラドール

上甲東園千島ハイツ

上甲東園アーバンハウス

パラドス甲東園

ウェストコート11番街

その他

平林フローティングハウス

フローティングハウスとは

平林フローティングハウスは、近年原木貯木としての利用が著しく減少している平林貯木場の土地及び水面の活性化の一環として計画・実施されたものです。 日本ではあまり知られていませんが、欧米では大規模ショールームや住居用、小学校など公共施設としても広く普及しています。 その導入事例を実地検分、安全性・耐久性などを調査研究し、この度試験的に平林貯木場を利用して水面に浮く建物を施工しました。

製造コストの削減

平林フローティングハウスのフロートは8×12mと大型であり、製造コストも高額となっています。 現在ではフロートを2.5×2.5mに小型化して金具で緊結するフロートを日本カイザー(株)、(株)ユーデーコンサルタンツと共同で開発しており、今後工場の大量生産によるコストダウンが可能となりました。
(2004年12月特許出願)

今後の展望

2003年に開催された世界水フォーラムの「水のEXPO」でこのフローティングハウスが紹介されたことから各業界の注目を集めております。 2007年9月には、平林貯木場が都心部から一時間圏内にあることから、この地をマリンレジャーの拠点とする「水域活用等促進プログラム」が国交省のモデル事業として選定されました。 遊休施設となっている貯木場から都市型マリーナ等への転換利用が期待されています。